正保2年の干ばつ

災害年月日
1645年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
正保2年(1645)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。
Googleマップ
参考画像

参考文献
讃岐のため池誌編さん委員会編「讃岐のため池誌」(香川県農林水産部土地改良課、2000年)、964頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 奈良須池
NO.
香川1543

よく似た災害

承応3年の干ばつ

image

承応3年(1654)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。 続きを読む

承応3年の干ばつ

image

承応3年(1654)、大干ばつに見舞われ、奈良須池辺りの地域の被害は激甚であったという。この年には、藩主自ら百々淵(香川町鮎滝)の竜神に雨を祈願し、ひ... 続きを読む

正保2年の干ばつ

image

正保2年(1645)、春から秋まで雨が降らず、未曾有の干ばつとなった。この干ばつを機に、藩主松平頼重は矢延平六らにため池を築かせた。矢延平六がつくった... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)の干ばつには、菖蒲堰で「大落水」という慣行が行われた。これは、下堰側の5地区で用水が不足して、番水制度を実施しても満たされない時に... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)の干ばつには、菖蒲堰で「大落水」という慣行が行われた。これは、下堰側の5地区で用水が不足して、番水制度を実施しても満たされない時に... 続きを読む