仁和3年の干ばつ

災害年月日
0887年00月00日
市町村
香川県高松市(国分寺町)
災害種類
渇水  
概要
仁和3年(887)、讃岐で大干ばつとなり、道真が城山で雨乞いを行った。(災害年表)
Googleマップ
備考
城山神社には菅原道真公を祭る雨請天満宮がある。なお、通説では、道真が城山で雨乞いを行ったのは仁和4年(888)と伝えられている。
参考画像
参考文献
国分寺町小学校社会科資料編集委員会編「わたしたちの町 国分寺町」(国分寺町教育委員会、2005年)、73頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 菅原道真 城山 雨乞い
NO.
香川1558

よく似た災害

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、讃岐で大干ばつ。菅原道真が城山で雨乞いをして大雨があった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等に... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

image

仁和4年(888)夏、干ばつ。国司菅原道真が城山神社で7日7夜の断食で雨乞いの祈願をした。満願の日になって、雷鳴とともに雨が降り出し、3日3晩にわたっ... 続きを読む

仁和4年の干ばつ

仁和4年(888)、大干ばつで菅原道真、城山に雨乞い。(「香川県史」による) 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。 続きを読む

元禄12年の干ばつ

元禄12年(1699)6月、大干ばつのため、各地で雨乞いを行った。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等による) 続きを読む