寛永元年の干ばつ

災害年月日
1624年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
寛永元年(1624)、讃岐は大干ばつに襲われた。西嶋八兵衛の「由緒書之控」によれば、「寛永元子の年、大日焼けにつき讃岐寒国になり申し候」という悲惨な有様であった。
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、271頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 西嶋八兵衛 由緒書之控
NO.
香川1564

よく似た災害

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)、大干ばつが讃岐を襲った。「卯月下旬より六月下旬に至り、雨なし、諸国秋より冬に至り、餓死衟(ちまた)に満つ。当国その十分の一に及... 続きを読む

寛永元年の干ばつ

寛永元年(1624)、讃岐国一円が大干ばつに襲われた。 続きを読む

寛永元年の干ばつ

寛永元年(1624)、讃岐は干ばつとなる。これを機に、西嶋八兵衛が讃岐に派遣され、3年間ため池の築造など農村の立て直しに取り組んだ。 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、讃岐を大干ばつが襲った。この翌年、幕府の隠密が讃岐に入り、災害の跡を記録した「讃岐探索書」が残されているが、これによると「寛永三... 続きを読む

寛永元年の地震

寛永元年(1624)12月13日、地震。 続きを読む