寛永3年の干ばつ

災害年月日
1626年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
寛永3年(1626)、讃岐を大干ばつが襲った。この翌年、幕府の隠密が讃岐に入り、災害の跡を記録した「讃岐探索書」が残されているが、これによると「寛永三年の物成、ことごとく日に焼け、十の物一つ御座候の由にて・・・・(中略)一村にて五人、六人づつ見る見る、かつへ死に申す由」と、その悲惨な有様が綴られている。
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、272頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 讃岐探索書 餓死者
NO.
香川1565

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月より7月まで雨がなく、大干ばつに見舞われた。この干ばつの時の様子等を調べた幕府の隠密の報告書「讃岐探索書」には、田畑の作物は焼... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、讃岐は大干ばつに襲われた。「全讃史」には「寛永三年閏四月七日、大風雨あり。爾後、雨降らず。・・・・(略)亢陽(日照り)すること九... 続きを読む

寛永元年の干ばつ

寛永元年(1624)、讃岐は大干ばつに襲われた。西嶋八兵衛の「由緒書之控」によれば、「寛永元子の年、大日焼けにつき讃岐寒国になり申し候」という悲惨な有... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)4月から7月中旬にかけての3ヶ月余り、讃岐には一滴の雨も降らない大干ばつであった。田は白くひび割れが生じ、稲の収穫は皆無、餓死する... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

image

寛永3年(1626)4月から7月にかけて、讃岐国では約90日間にわたって全く降雨がなく、稲は全滅し、多数の餓死者が出た。領主生駒高俊は伊勢から西嶋八兵... 続きを読む