大正13年の干ばつ

災害年月日
1924年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
大正13年(1924)夏、大干ばつとなり、鹿の出水をめぐる伏石村と多肥村の水争いが起こった。8月21日、伏石の農民たちは鍬やジョウレンを持って、夜中に伏石神社に集まり、鹿の井出水に押しかけ、夜を徹して出水の底を深くさらえた。これを知った多肥村の人たちは警察に急報して出動を要請した。現地に駆けつけた多肥村側と伏石側は土砂を投げ合い、泥仕合が続けられたが、警察によって紛争はおさめられた。幸い翌日から待望の雨が降り始めた。
Googleマップ
参考画像
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、416-417頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 水争い 伏石村 多肥村 鹿の井出水
NO.
香川1579

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)春の降雨が少なく、7月~9月に雨が降らなかった。鹿の井伏石掛110余町歩は水がなく、各自所有の用水堀でかろうじて植え付けをしたの... 続きを読む

保安3年の干ばつ

image

保安3年(1122)、讃岐国は大日照りで、稲は枯れ、草木もしおれてしまうほどであった。この時の日照りに関して、鹿の井出水の伝説がある。人々が水不足で困... 続きを読む

天保5年の台風

天保5年(1834)、暴風雨があり、平井出水に多量の土砂が崩れ込んだ。平井出水の「出水ざらえ」と称する土砂の浚渫については、昔から下林村(高松市林町)... 続きを読む

昭和10年の洪水

昭和10年(1935)8月27日、台風に伴う集中豪雨により、後川右岸堤が切れて、中村町に洪水が流れた。警察は半鐘を鳴らして緊急避難を伝えた。町民は雨の... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)、干ばつのため、三郎池の水配分をめぐって大紛争が起きた。三郎池の貯水量が2割まで減った時、下流の木太村・林村の農民が押しかけて水を... 続きを読む