元禄10年~15年の干ばつ

災害年月日
1697年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
元禄10年(1697)~元禄15年(1702)、6年間は干ばつの連続であった。特に元禄15年の讃岐は大雨、洪水、大干ばつ、いなごの大発生などで百姓たちは飢餓にさいなまれたという。
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、442頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ
NO.
香川1581

よく似た災害

元禄14年の干ばつ

元禄14年(1701)5月から8月まで、干ばつ。いなごの害が甚だし。(「高松藩記」、「庄屋記録」、「讃岐国大日記」による) 続きを読む

明和7年の干ばつ

明和7年(1770)、100日に及ぶ干ばつがあり、百姓たちは袖乞いに出る者が多かった。庄屋兵頭新左衛門は民福を祈るため各浦に大乗妙典納塔を立てた。 続きを読む

享保9年~11年の干ばつ

享保9年(1724)~11年(1726)、大干ばつ、いなごの害がひどかった。 続きを読む

元禄3年の干ばつ

image

元禄3年(1690)、大干ばつに見舞われた。勝田池は底を見せ、田は干割れした。この干ばつを契機に、翌4年には勝田池の増築が開始され、元禄8年に完成した... 続きを読む

元禄9年の干ばつ・台風

元禄9年(1696)夏の大干ばつ、秋の大暴風雨により、広範囲に飢饉が起こった。(「野村町郷土誌」による) 続きを読む