寛永3年の干ばつ

災害年月日
1626年06月02日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
寛永3年(1626)、讃岐は大干ばつに襲われた。「全讃史」には「寛永三年閏四月七日、大風雨あり。爾後、雨降らず。・・・・(略)亢陽(日照り)すること九十五日なりき。野に餓莩(餓死者)有り」と記されている。
Googleマップ
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、454頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 全讃史 餓死者
NO.
香川1584

よく似た災害

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)閏4月7日大風雨、以後雨が降らず7月13日に至り、干すること95日、野に餓死あり。(「讃岐国大日記」、「高松藩記」、「全讃史」によ... 続きを読む

寛永3年の干ばつ

寛永3年(1626)、稀有の大干ばつのため、草木、河魚が枯死するに至ったという。(「新居郡誌」による) (註)日本気象史料では伊予に関する文献を挙げて... 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月下旬から6月にかけて、雨降らず大干ばつとなり、凶作のため餓死者が多数出た。 続きを読む

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月下旬から6月にかけて雨降らず、干ばつ。(「讃岐国大日記」による) 続きを読む

正保2年の干ばつ

正保2年(1645)、大干ばつ。「増補高松藩記」には「この年、封内大旱、陂池(ため池)四百零六を創築し、もと有る九百六十と併せ、総計壱千三百六十という... 続きを読む