延享4年の干ばつ

災害年月日
1747年00月00日
市町村
香川県三豊市(高瀬町)
災害種類
渇水  
概要
延享4年(1747)、干ばつ。瀬丸池は多度津藩の羽方村に築かれていたが、水掛かりは多度津藩と丸亀藩の二藩が支配していたため、干天が続くと争いが絶えなかった。この年の干ばつ時には、丸亀藩領の上高野村の農民が大勢で池に押しかけて、池守や羽方村の農民を負傷させるという事件が起こった。羽方村の農民は多度津藩に訴えたが、多度津藩は支藩の弱みで、本家筋の丸亀藩に対して事件の報告をしただけで、強行に抗議できなかったという。
Googleマップ
参考画像
参考文献
香川県土地改良事業団体連合会編「香川県土地改良事業団体連合会50年史」(香川県土地改良事業団体連合会、2008年)、510-512頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
干ばつ 瀬丸池 羽方村 多度津藩 丸亀藩
NO.
香川1587

よく似た災害

宝暦12年の白坂池の水論

image

宝暦12年(1762)5月26日、白坂池で本ノ大村の水番6人と池守5人が配水していたところ、羽方村の百姓100余人、本ノ大村の百姓20余人が押し寄せて... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)は大干ばつで、8月20日午前2時に南吉井村北野田(重信町)の農民80人が大割泉に押しかけ、浮穴村高井(松山市)の泉番の農民3人を袋... 続きを読む

天明7年の水論

天明7年(1787)、日瀬里(窪田)村の農民が新井手をつくって、内川の梅斉院堰から来住への流水を新田に引いたことから、梅斉院堰掛かりの来住・南久米・北... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)6月以降、100日近くも干天が続き、中田井村の庄屋が雨乞い祈祷と牛飼い角力奉納を丸亀藩に願い出た。(一の谷土地改良区資料による)... 続きを読む

寛永7年の干ばつ

image

寛永7年(1630)、天久しく雨を下さず、枯旱焚くが如く、田面多くは亀裂して穀禾登らず、郷民大に憂色あり。/この干ばつにより、片平村の稲田は収穫を見込... 続きを読む