寛文2年の干ばつ

災害年月日
1662年00月00日
市町村
香川県三豊市(豊中町)
災害種類
渇水  
概要
寛文2年(1662)、大日照りで米がとれなかったが、井の口新田だけは平屋池のおかげで豊作だった。(豊中町の水を求めての歴史)
Googleマップ
備考
平屋池は現在の勝田池である。
参考画像
参考文献
豊中町小学校社会科副読本編集委員会編「豊中のすがた」(豊中町教育委員会、1992年)、108頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 井の口新田 平屋池
NO.
香川1597

よく似た災害

寛文8年の干ばつ

寛文8年(1668)夏、大日照りが続いた。(豊中町の水を求めての歴史) 続きを読む

寛延元年の干ばつ

寛延元年(1748)、日照りのため、作物が枯れた。(豊中町の水を求めての歴史) 続きを読む

元禄4年の干ばつ

元禄4年(1691)、日照りが続き、雨乞いをした。(豊中町の水を求めての歴史) 続きを読む

元禄3年の干ばつ

元禄3年(1690)6月から7月にかけて、日照りが続いた。(豊中町の水を求めての歴史) 続きを読む

昭和53年の干ばつ

image

昭和53年(1978)、小豆島3町が大干ばつに見舞われたが、時間給水で切り抜けることができた。これは殿川ダムの効用と適切な管理のおかげであった。 続きを読む