昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月11日
市町村
香川県小豆島町(内海町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号の影響で四国地方は記録的な大雨を観測した。11日には内海町で日雨量790ミリ、20時~21時の時間雨量94ミリを記録し、累計雨量が1,000ミリを突破した。このため、11日午前3時までに急傾斜地が多い内海町の東部地域で山崩れ、河川の氾濫により災害が発生し、その後神懸通り、西村地域で土砂流出のため6人の死者が出た。また、草壁本町、安田、馬木地区では長時間にわたり、床上浸水が続いた。内海町の被害総額は83億6,320万円余に達した。
Googleマップ
参考画像
参考文献
苗羽の今昔作成委員会編「苗羽の今昔」(苗羽の今昔作成委員会、1995年)、386-390頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 山崩れ 死者
NO.
香川1690

よく似た災害

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号が九州南西海上に停滞したため、記録的な豪雨をもたらした。8日~13日の降雨量は内海町四望頂で1,37... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号のため、小豆島では雨が降り続いた。連続雨量の最大は土庄町灘山で1,433ミリ、日雨量の最大... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日までの6日間の雨量は、台風17号の影響で、1,376ミリに達した。特に11日には内海町の日雨量が819ミリを記... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号のため、小豆島では雨が降り続き、連続雨量は土庄町灘山で1,433ミリ、日雨量は11日に内海... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月15日、台風24号の影響による豪雨のため、長者で257ミリ、池川町で410ミリ、時間雨量50ミリを記録した。 続きを読む