昭和14年の干ばつ

災害年月日
1939年00月00日
市町村
香川県
災害種類
渇水  
概要
昭和14年(1939)、香川県は大干ばつに襲われた。この時、昭和14年産米に限り、古俵の使用を認めるよう穀物検査規制緩和の緊急処置がとられたが、米の収穫減で稲わらの不足まで心配されるほどに、この年の干ばつは香川県の農業に大きな影響を与えた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香川県編「香川県史 第6巻 通史編 近代Ⅱ」(香川県、1988年)、184頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
香川1774

よく似た災害

昭和23年の干ばつ

昭和23年(1948)、大干ばつのため、向側では昭和14年の干ばつに引き続いて2回目の共同耕作が行われた。総反別7町1反余のうち、3町8反余に植え付け... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)夏、干ばつで稲の収穫皆無の所多く、地租の貸与を得て、延納、年賦納が増えた。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)6月29日~8月21日まで、55日間干ばつ。種子の収穫もなかった。 続きを読む

天明5年の洪水・干ばつ

天明5年(1785)7月、大風、洪水の後、大干ばつにより、稲作の収穫がなかった。(「香川県気象災害史」、「香川県気象史料」、「香川県防災気象要覧」等に... 続きを読む

平成6年の干ばつ

平成6年(1994)7月、降水量が少なく、18日には愛媛県渇水対策本部が設置された。菊間町でも、7月15日の干害被害状況調査で、柑橘、キウイ、野菜につ... 続きを読む