昭和36年10月の大雨

災害年月日
1961年10月26日
市町村
香川県小豆島
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)10月26日~27日、低気圧により、小豆島を中心に240ミリの大雨が降った。このため、伝法川の決壊をはじめ、決壊箇所は150に達した。大麻山の池田町側では、幅40m、深さ3m、長さ200mの土石流が発生した。人身被害は死者2人、行方不明者2人であった。
Googleマップ
参考文献
香川県編「香川県史 第7巻 通史編 現代」(香川県、1989年)、472頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 低気圧 伝法川決壊 土石流 死者
NO.
香川1776

よく似た災害

昭和8年10月の台風

昭和8年(1933)10月20日、大暴風雨のため、池田町で建築中の池田小学校が倒壊(損害約300円)。池田町佐馬地で住家倒壊3戸、電柱倒壊3本。 続きを読む

昭和9年9月の水害水害

昭和9年(1934)9月10日、吉野川増水、池田で13尺(約3.9m)の増水。池田町で架橋中の池田橋が崩れる。 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、干ばつ。善通寺砲兵隊が大麻山で実弾200発発射し、降雨を促した。 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月13日、台風24号により、貞光川(一宇川)が一宇村赤松で洪水となった。徳島市津田町では園瀬川が氾濫した。鳴門市大麻町では樋殿... 続きを読む

昭和59年4月の大雨

昭和59年(1984)4月29日~5月1日、低気圧が発達しながら日本海を東に進んだため、徳島県では南よりの風が強く暖湿気の流入で強い雨が断続して降った... 続きを読む