昭和40年の台風23号

災害年月日
1965年09月10日
市町村
香川県土庄町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月10日、台風23号が四国の東部を北東進した。時速50kmという高速で通過したため降雨時間は短かったが、土庄町では時間雨量90ミリを観測した。多くの小河川の氾濫や土砂崩壊のほか、土庄町肥土山の大地すべりが大きな被害をもたらした。死者2人、負傷者18人に及んだ。
Googleマップ
参考文献
香川県編「香川県史 第7巻 通史編 現代」(香川県、1989年)、472頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 土砂崩壊 肥土山の地すべり
NO.
香川1777

よく似た災害

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)10月19日~20日、台風23号により、高松市では250ミリ程度の累計雨量が観測され、67箇所の崖崩れや土砂崩れが報告されている... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号のため、小豆島では雨が降り続いた。連続雨量の最大は土庄町灘山で1,433ミリ、日雨量の最大... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日から13日にかけて、台風17号のため、小豆島では雨が降り続き、連続雨量は土庄町灘山で1,433ミリ、日雨量は11日に内海... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号が九州南西海上に停滞したため、記録的な豪雨をもたらした。8日~13日の降雨量は土庄町大部で1,340... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、小豆島では連続雨量の最大が土庄町灘山で1,433ミリ、日雨量の最大は11日に内海町内海ダムで... 続きを読む