昭和47年の台風20号

災害年月日
1972年09月16日
市町村
香川県高松市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)9月16日、台風20号が四国のはるか南海上から北東進して潮岬付近に上陸し、富山湾から日本海へ進んだ。本県では200ミリ以上の大雨があり、高松と財田町の戸川では1時間30ミリ以上の強雨を記録した。雨が強かった18時から19時頃にかけて、高松市新田町では大きな土砂崩壊があった。
Googleマップ
参考文献
香川県編「香川県史 第7巻 通史編 現代」(香川県、1989年)、473頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 土砂崩壊
NO.
香川1779

よく似た災害

大正4年の台風

大正4年(1915)9月、台風により、梼原付近で6日~8日の各日200ミリ以上の降雨があり、総雨量は900ミリを越すほどで、風雨害が強かった。6日~8... 続きを読む

大正4年の台風

大正4年(1915)9月8日、台風が九州中央を北上した。梼原付近では6日~8日に各日200ミリ以上の雨が降り、台風関連の総雨量は900ミリを越すほど風... 続きを読む

昭和36年6月の大雨

昭和36年(1961)6月8日~9日、山間部では300ミリ以上の降雨があり、南予の道路に被害があった。 続きを読む

昭和29年の台風12号

image

昭和29年(1954)9月13日、台風12号は九州を南から北へ縦断し、大陸に抜けた。四国山脈では南東風が強かったため、異常な豪雨があり、大歩危で572... 続きを読む

明治32年9月の台風

明治32年(1899)9月21日、台風により須崎で200ミリ、上分で300ミリ以上の降雨があり、39戸が床上浸水。 続きを読む