昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年00月00日
市町村
香川県
災害種類
土砂災害  
概要
昭和51年(1976)、台風17号により、香川県下の被害は死者50人、重軽傷者103人、被害総額468億円に上った。これらの被害の大部分は土石流によるものである。この研究は、土石流のメカニズムとその速度について、試験的な実験と概算的な計算を試みたものである。
Googleマップ
参考文献
井筒勝彦・高口昇・嶽政広・中真雄・中村慎二・福田昇「7617台風における土石流の流速について」(砂防学会編「砂防学会研究発表会概要集No.27」砂防学会、1978年、所収)、116-117頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
台風 土石流 死者 土石流の流速
NO.
香川1788

よく似た災害

平成16年の台風23号による土砂災害

平成16年(2004)、台風23号により、さぬき市門入川上流域では多数の崩壊が発生した。その多くは崩壊深1.0m以下の表層崩壊であったが、一部崩壊震度... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)、M8.4の南海地震により、徳島県下では甚大な被害を受けた。津波による被害は県南部沿岸地域の被害が顕著であったが、死者数は人口が集... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)8月30日、台風16号により、高松をはじめ瀬戸内海の広い範囲で、大きな高潮災害が発生した。一般的に、高潮は台風接近時に最大になる... 続きを読む

平成16年の台風23号による土石流

平成16年(2004)の台風23号により、満濃町長尾で土石流が発生したが、馬河池(堤高5.4m、貯水量2,200立米)が砂防堰堤の機能を発揮し、土石流... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)の南海地震(M8.0)により、徳島市では死者2人、全壊家屋23戸の被害を受けたが、詳細な被害様相は記録されておらず、被害のメカニ... 続きを読む