昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月11日
市町村
香川県小豆島
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月8日、台風17号により、徳島県西部から小豆島にかけて1,400~1,800ミリの多量の降雨となった。この豪雨により、小豆島の東半部では昭和49年の災害以上の土石流災害が発生した。寒霞渓の麓である内海町四方指(しほうざし)では8日から13日までに1,400ミリの降雨を観測した。これは1,200ミリ前後という香川県東部の年間降水量を上回るものであった。被害は昭和49年災害を上回り、39人の人命が奪われた。
Googleマップ
備考
池田町谷尻には復旧記念之碑が、また内海町にはやすらぎの塔のほか、西城と真光寺に復興記念碑、苗羽に被災復興之碑が建立されている。
参考画像

参考文献
日本工営編「四国山地の土砂災害」(国土交通省四国地方整備局四国山地砂防事務所、2004年)、38頁及び49-50頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 豪雨 土石流 小豆島 死者
NO.
香川1895

よく似た災害

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月5日~7日、台風8号により、小豆島東岸の灘山から橘にかけて400ミリ前後の降雨となった。この降雨により、土石流が発生し、橘地... 続きを読む

昭和57年の集中豪雨

昭和57年(1982)7月12日、梅雨前線の影響により42ミリの降雨があり、13日から17日にも降雨が続き、18日にも51ミリの降雨があり、地盤が緩ん... 続きを読む

昭和3年の台風

昭和3年(1928)9月18日、台風により、田野々では3日間に550ミリの降雨があった。 続きを読む

昭和40年の肥土山の地すべり

昭和40年(1965)6月から7月にかけての277ミリの連続降雨により、肥土山地区13haに地割れが発生した。この地割れは、9月10日の台風23号に伴... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月8日からの連日の降雨は1,400ミリに及び、小豆島東部に壊滅的な被害を与えた。西城地区でも11日に819ミリの集中豪雨となっ... 続きを読む