文化12年の大雨

災害年月日
1815年08月10日
市町村
高知県香美市(香北町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
文化12年(1815)7月6日晩より9日まで大雨、雷鳴り、7日土砂崩れにより家が埋まった。また、8月9日には山津波により田が被害を受けたが、いずれも人的被害はなかった。(「天地の間の事覚附」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
香北町史編さん委員会編「香北町史」(香北町教育委員会、2006年)、96頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
大雨 土砂崩れ 山津波 天地の間の事覚附
NO.
高知450

よく似た災害

万治元年の洪水

万治元年(1658)8月3日辰刻(午前8時頃)より阿波国で大風雨のため海岸に近い田畑が被害を受けた。18日夜に雨、19日晩から21日まで大風雨となり、... 続きを読む

昭和26年10月の台風

昭和26年(1951)10月17日、台風により、山城谷村と三縄村を中心に被害が出た。三縄村では民家のほか、役場隣の公会堂が倒壊し、仙石橋、山貝橋(いず... 続きを読む

昭和22年の台風

昭和22年(1947)7月9日、台風が来襲し、集中豪雨により田畑が被害を受ける。 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月、キジア台風により、稲作は大被害を受けた。村の生産目標の2割5分、また風害に誘発された病虫害を加えて、村の耕地の4割4分が被... 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む