明治9年の干ばつ

災害年月日
1876年00月00日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)、南国市
災害種類
渇水  
概要
明治9年(1876)の旱害は、明治6年の2倍3倍にも上った。新改川のコロンボ堰からの分水をめぐり、上流の須江部地区と下流の植田地区の農民が対立した。このため、両地区は県庁に対して配水の措置を誓願した。県は、上流の大釜堰から下流の掘ノ井堰に24時間交代で配水する官命を下した。これに対して、八ノ谷堰の関係住民百名余が放棄し、鎌鍬をもって反対した。このような状態が20日も続いた後、豪雨が田んぼに注ぎ、用水の争奪は解決した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町史編纂委員会編「土佐山田町史」(土佐山田町教育委員会、1979年)、612-615頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水争い 新改川 コロンボ堰
NO.
高知469

よく似た災害

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、日照りが続き、大変な水不足に襲われた。この時、新改川の上下流で水争いが起こった。下流の植田・久次(ひさつぎ)の人々が新改川のコロ... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、干天続きで、植田地区の水田が枯死寸前の状態になったため、新改川下流の植田地区の農民は上流の須江部地区の農民に対して、コロンボ堰の... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、この年は60年来の旱害と言われた。新改川下流の植田・久次地区は上流に分水を要請したが。上流も余裕がなく、甫喜峯疏水計画の最中で... 続きを読む

明治26年の水論

明治26年(1893)6月・7月の干天により用水不足となったため、下流の村々から八田村に対して水車用堰の撤去を求めた。しかし、八田村が応じなかったため... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、干ばつにより、宮ノ川の27人から県に対して地租金補助貸与願が出願された。 続きを読む