昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県高知市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号により、1時間110ミリ前後の烈しい雨が数時間続き、県中央部の各地で表層なだれが発生し、県下の死者・不明者は77人、被害総額は約1,398億円に及び、高知市をはじめ県下19市町村に災害救助法が適用された。高知市の被害は、負傷者1人m家屋の全半壊12戸、床上浸水5,407戸、床下浸水8,768戸、被害総額42億3千万円に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知市史編纂委員会編「稿本 高知市史 現代編」(高知市、1994)、196頁及び388-395頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 災害救助法 死者
NO.
高知475

よく似た災害

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月24日~25日の台風20号により、須崎では風が強く、雨量も200ミリ程度になった。このため、全壊20戸、半壊168戸、被害総... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月16日、台風20号により、死者11人、負傷者6人、住家の全壊28世帯、半壊32世帯、床上浸水2,474世帯、床下浸水11,6... 続きを読む

昭和39年の台風20号

昭和39年(1964)9月24日~25日、台風20号が愛媛県西部に上陸後、県境を北東進した。須崎市では24日午後10時頃から風勢が増した。須崎市の被害... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、死者6人、負傷者62人、住家の全壊629世帯、半壊1,407世帯、床上浸水1,324世帯、床下浸水... 続きを読む

昭和29年の台風15号

昭和29年(1954)9月26日、台風15号により、死者6人、負傷者62人、住家の全壊629世帯、半壊1,407世帯、床上浸水1,324世帯、床下浸水... 続きを読む