明治26年の水論

災害年月日
1893年07月21日
市町村
高知県高知市(春野町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)6月・7月の干天により用水不足となったため、下流の村々から八田村に対して水車用堰の撤去を求めた。しかし、八田村が応じなかったため、7月21日に下流の村々と八田村との間に水論が起こった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
春野町史編纂委員会編「春野町史」(春野町、1976年)、498-499頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 用水不足 八田村 水論
NO.
高知478

よく似た災害

明治11年の水論

image

明治11年(1878)、船岡池の上下流の農民に水論が起こった。明治13年に大審院の判決が下って、下流の者が敗訴となった。 続きを読む

宝暦2年の水論

宝暦2年(1752)6月27日、旱天により、地割れした粕毛(かすげ)井堰掛かりの田を救うために、今在家・来住・南北久米の組頭らが森松村庄屋におもい堰の... 続きを読む

元文4年の水論

image

元文4年(1739)、菖蒲堰の上堰を利用していた北方村が堰を二重にするとともに、中世以来の禁止条項を破って土砂を用いて取水を始めた。用水が枯渇した下堰... 続きを読む

明治26年の干ばつ

image

明治26年(1893)、水不足のため、八田と下流9ヶ村が水争いとなり、17人の受刑者を出すに至った。 続きを読む

明治9年の水論

image

明治9年(1876)、菖蒲堰の上堰と下堰の分水をめぐり、水論が起こった。 続きを読む