明治20年の台風

災害年月日
1887年10月19日
市町村
高知県高知市(鏡村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治20年(1887)10月19日、暴風雨により、竹奈路村で山崩れが起こり一家5人が死亡し、今井村で出水が甚だしく1人溺死し、小浜村ほか12箇所で田畑、山崖崩壊10箇所となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
鏡村史編纂委員会編「鏡村史」(鏡村教育委員会、1989年)、542-544頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 竹奈路村 山崩れ 死者 今井村
NO.
高知479

よく似た災害

明治38年の台風

明治38年(1905)8月の台風は風力が弱かったにもかかわらず、降雨量が多く、田畑の浸水が甚だしく、稲作の被害が甚大。(西条市自然災害年表による) 続きを読む

明治32年8月15日の台風

明治32年(1899)8月15日午後3時頃より、暴風雨のため吉野川の出水と別宮川の増水が甚だしくなり、北新居村の名田堤防、仮堰25間余を破壊した。徳命... 続きを読む

明治43年の洪水

明治43年(1910)9月7日、大洪水により、三名村の各谷川の出水が甚だしく、役場は水浸しとなり、貴重な書類も流出した。また、地すべりがあり、田畑や家... 続きを読む

昭和34年の台風7号

昭和34年(1959)8月13日、台風7号による豪雨のため、各河川の増水が甚だしく、各地に被害が出た。 続きを読む

弘化3年の洪水

弘化3年(1846)4月、大雨、度々出水。8月7日、風雨。9日風雨、甚だしく出水。29日また風雨激しく、30日ますます甚だしく、人家数多く破損。9月夜... 続きを読む