昭和2年の洪水・地すべり

災害年月日
1927年08月26日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和2年(1927)8月26日、27日、豪雨により仁淀川上流で雨量は600ミリに達した。高岡郡、吾川郡では明治23年(1890)以来の大水で、県下の死者は40人となった長者では地すべりが起こった。(仁淀川誌」による)
Googleマップ
参考画像
参考文献
仁淀村史編纂委員会編「仁淀村史 追補」(仁淀村、2005年)、29頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 仁淀川 洪水 長者 地すべり
NO.
高知488

よく似た災害

昭和6年の洪水・地すべり

image

昭和6年(1931)9月26日、台風が九州をかすめ、仁淀川で洪水、長者で地すべりが起こった。(仁淀川誌」による) 続きを読む

大正8年の地すべり

image

大正8年(1919)8月1日~4日、豪雨により長者で地すべり。(仁淀川誌」による) 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風が宿毛市付近に上陸した。仁淀川が氾濫するなどして、県下の死者・行方不明者は77人となった。 続きを読む

昭和6年9月の洪水・地すべり

昭和6年(1931)9月26日、台風が北九州をかすめた。仁淀川は洪水のため仁淀村では地すべりとなり、伊野駅東方の鉄道線路に浸水して汽車が不通となった。... 続きを読む

嘉永2年の洪水

嘉永2年(1849)7月10日、11日、大風雨。40年来の大洪水で、山分は大風で、作柄大損害。徳島でも大水で死者は夥しい。三好郡代所には250人の死亡... 続きを読む