天保3年の干ばつ

災害年月日
1832年00月00日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
渇水  
概要
天保3年(1832)、大干天が84日間も続き、山野の草木、農作物は枯れ果てた。
Googleマップ
参考文献
難波誠一著「仁淀村長者郷土誌」(仁淀村教育委員会、1963年)、46頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知492

よく似た災害

天保3年の干ばつ

天保3年(1832)、84日間一滴の雨も降らず、農作物は枯死した。 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干天が数十日も続き、全く稲の収穫ができないところが多かった。 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月~8月、70日間干天が続き、農作物の被害が多く出た。(香川県、高松気象台、引田町等の資料による) 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干天が数十日も続き、稲の収穫が皆無となった田地も多かった。 続きを読む

文政11年の干ばつ

文政11年(1828)8月、雨の降らぬことが85日におよび、作物は枯死し、飲料水は枯渇し、村民は困窮した。これを文政の大干ばつという。 続きを読む