明治19年の水害

災害年月日
1886年09月10日
市町村
高知県仁淀川町(仁淀村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月10日、風雨が激しくなり、長者川は急に増水した。午後には北風が猛烈になり、大木や人家が倒壊した。古川の堤防が切れて大洪水が稲田を流れると同時に、旧寺野では地すべりが起こり、人家が倒れた。このため、人々は右往左往しながらも、全員が安全地帯である現在の寺野に避難した。
Googleマップ
参考画像

参考文献
難波誠一著「仁淀村長者郷土誌」(仁淀村教育委員会、1963年)、71-72頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
風雨 長者川 寺野 地すべり
NO.
高知493

よく似た災害

明治19年の風雨

image

明治19年(1886)9月10日、風雨が激しくなり、長者川は急に増水した。午後には北風が猛烈になり、大木や人家が倒壊した。古川の堤防が切れて大洪水が稲... 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)9月10日、風雨が激しくなり、長者川は急に増水した。午後には北風が猛烈になり、大木や人家が倒壊した。古川の堤防が切れて大洪水が稲... 続きを読む

明治19年の台風

image

明治19年(1886)9月10日午後、台風に伴う風雨のため、長者川の堤防は決壊し、大木や家が倒壊した。旧寺野では地すべりが起こり、人家が倒れていった。... 続きを読む

弘化3年の暴風

弘化3年(1846)7月9日朝から暴風が起こり、終日吹き荒れた。このため、村内の家屋は大半が倒れ、特に下川口浦ではほとんど全部倒壊した。古老によると、... 続きを読む

明治23年の水害

明治23年(1890)9月11日12時20分から午後1時までが暴風雨が最も激しく、雷鳴が鳴り、篠つくような大雨が降った。山々は至る所で放水して山崩れを... 続きを読む