天明8年の暴風

災害年月日
1788年07月18日
市町村
高知県越知町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
天明8年(1788)6月15日、大暴風により各所で山崩れが起き、前代未聞の大災害が起きた。(横畠山崎家記録による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1031頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
暴風 山崩れ
NO.
高知496

よく似た災害

天明7年8月の大雨

天明7年(1787)8月12日~13日、大雨、洪水のため田畑大破、前代未聞の大災であった。田畑12,873石余損毛、男2人流死(宇和島藩)。 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)7月3日、4日、前代未聞の洪水あり、損害あげて数うべからず。(「郡鑑」による)/前代未聞の大風雨被害。(「宇和島吉田両藩誌」による... 続きを読む

寛文6年の台風

寛文6年(1666)7月4日、前代未聞の大風被害。(「宇和島藩記録」等による) 続きを読む

慶応2年の洪水

慶応2年(1866)7月1日、前代未聞の大水、中須賀残らず入る。(「堺屋記録」による) 続きを読む

昭和31年1月28日の暴風

昭和31年(1956)1月28日~29日、暴風により、風速28.4m/秒を記録した。季節風が強くなり、海上及び沿岸で風害が起きた。果樹の落果が非常に多... 続きを読む