明治41年の台風

災害年月日
1908年08月10日
市町村
高知県越知町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治41年(1908)8月10日、台風が土佐沖を通過した後、小低気圧が停滞し、大雷雨になった。雨量は越知で398ミリに達し、11日午前1時に出水し、越知町では平水より最高で2丈5尺余の出水となった。被害は浸水家屋52戸、浸水田50町歩、浸水畑15町、宅地1.1町、山崩れ3箇所、坂折川橋流出などであった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1033頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ
NO.
高知497

よく似た災害

明治44年の台風

明治44年(1911)8月5日、田野々の雨量は383ミリとなり、中村では平水より2丈6尺余の増水となった。 続きを読む

明治22年8月19日の洪水

明治22年(1889)8月19日、暴風雨甚だしく、吉野川の水量が嵩み、平水よりおおよそ1丈3尺余の出水となった。このため、被害は旧栄村全域に及び、畑作... 続きを読む

明治24年8月の洪水

明治24年(1871)8月16日、暴風雨の来襲により、吉野川の水量は翌17日には平水より約1丈2尺余の出水となった。倒壊家屋10戸、大豆200町歩など... 続きを読む

明治24年9月の洪水

明治24年(1891)9月13日、暴風雨激しく、吉野川の水量は平水よりおおよそ1丈5尺余の出水となった。全壊家屋5戸、半壊家屋4戸、堤防決壊30間、道... 続きを読む

明治22年8月26日の洪水

明治22年(1889)8月26日、暴風雨甚だしく、吉野川の水量が嵩み、平水よりおおよそ1丈1尺余の出水となった。畑作物は平年の2分作、陸稲8分作、田作... 続きを読む