昭和47年の台風9号

災害年月日
1972年07月24日
市町村
高知県越知町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和47年(1972)7月24日、台風9号が高知県西部をかすめて宮崎・大分県境に上陸した。道路5箇所、がけ崩れ4箇所の被害が出た。3戸13名が避難した。筏津ダムの放水(3,620トン)が行われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
越知町史編纂委員会編「越知町史」(越知町、1984年)、1037頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 筏津ダム
NO.
高知500

よく似た災害

昭和46年の台風23号

昭和46年(1971)8月29日、台風23号が鹿児島県大隅半島に上陸後、足摺半島を経て南国市に再上陸した。池川の雨量は454ミリに達し、県全体で強風、... 続きを読む

昭和47年の台風16号

昭和47年(1972)9月1日、台風16号により、住家の一部破損80世帯150棟、道路18箇所、河川1箇所、がけ崩れ2箇所の被害が出た。 続きを読む

昭和47年の集中豪雨・落雷

昭和47年(1972)9月7日、山間部が集中豪雨に見舞われ、加えて越知、佐川では落雷があったため、停電7千世帯、道路9箇所、橋1箇所、水道1箇所、がけ... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月9日~13日、台風17号により高知県は豪雨となり、仁淀川は大洪水となった。越知町では、道路67箇所、橋梁2箇所、河川28箇所... 続きを読む

昭和49年の台風8号

昭和49年(1974)7月6日、梅雨前線と台風8号による大雨で、香川県東部と小豆島で大きな被害が出た。県下の被害は、死者29人、床上浸水3,946戸、... 続きを読む