明治20年の洪水

災害年月日
1887年10月19日
市町村
高知県佐川町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治20年(1887)10月19日、洪水により佐川新丁で床上浸水が多く、深いところは膝下まで達した。斗賀野西組、鳥ノ巣方面では稲束の流失が多く、佐川小学校の裏山が崩壊して校舎の一部が流された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
佐川町史編纂委員会編「佐川町史 下巻」(佐川町、1981年)、651頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
洪水 山崩れ
NO.
高知504

よく似た災害

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日、九州南部から香川県に向けて台風が通過し、各地で山崩れが起こった。古野小学校の流失、宮川地区の家屋流失、床上浸水。この... 続きを読む

昭和29年の洞爺丸台風

昭和29年(1954)9月26日、台風15号(洞爺丸台風)により、豊中町の本山小学校の講堂や郡内の2小学校の講堂が倒壊した。 続きを読む

明治32年8月の台風

明治32年(1899)8月28日、台風により須崎小学校の一部倒壊。上分村の記録では、倒壊家屋17戸、半壊9戸、小学校含めて大破18棟。桜川も氾濫した。... 続きを読む

明治19年8月の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃より東北の暴風雨となり、翌21日正午頃より水量ますます増加し、午後2時頃には家屋の浸水が始まり、家具、木材、... 続きを読む

寛文6年の洪水

寛文6年(1666)、前代未聞の大洪水で、民家・田畑の破壊、流失が多く出た。 続きを読む