昭和15年の干ばつ

災害年月日
1940年00月00日
市町村
高知県佐川町
災害種類
渇水  
概要
昭和15年(1940)、干ばつにより、植え付け後間もない旱田地帯の水稲は大半が枯死した。
Googleマップ
参考文献
明神健太郎編「尾川の郷土誌」(佐川町誌編纂委員会、1956年)、150頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知514

よく似た災害

昭和24年の干ばつ

昭和24年(1949)、干ばつにより、植え付け後間もない旱田地帯の水稲は大半が枯死した。 続きを読む

昭和15年の干ばつ

昭和15年(1940)7月、大干ばつにより、植え付け間もない旱田地帯の水稲はほとんど枯死した。 続きを読む

昭和15年の干ばつ

昭和15年(1940)6月から7月の2ヶ月にわたる干ばつにより、植え付け間もない乾田地帯の稲はほとんど枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、50日間雨が降らず、村の穀倉地帯の水田は亀裂を生じ、水稲の3割が枯死した。 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、井水は涸れて汲む水がなく、稲が枯死して収穫皆無の田地ができた。 続きを読む