昭和46年の集中豪雨

災害年月日
1971年07月25日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和46年(1971)7月25日、県東部に200~300ミリの集中豪雨があり、警戒中の警察官と消防士が殉職した。他に民間人2人が山崩れの被害を受けた。
Googleマップ
参考文献
岡田明治著「仁淀川誌」(仁淀川漁業協同組合、1979年)、303頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
集中豪雨 死者 山崩れ
NO.
高知554

よく似た災害

昭和46年の集中豪雨

昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正... 続きを読む

昭和46年の集中豪雨

image

昭和46年(1971)7月25日~26日の集中豪雨は、安田町を中心に中芸地区に大きな被害を与えた。安田町では特に正弘、間下、東谷地区の被害が大きく、正... 続きを読む

昭和51年の台風6号

image

昭和51年(1976)8月23日、台風6号に伴う豪雨により、木屋平村川井地区で山崩れが発生し、少年が生き埋めになった。救援活動中に再度山津波が起こり、... 続きを読む

昭和2年の火災

昭和2年(1927)3月14日、築地南側数軒焼失、消防団員1人が殉職した。 続きを読む

昭和2年3月の火災

昭和2年(1927)3月14日、築地南側の数軒が焼失し、消防団員1人が殉職した。 続きを読む