昭和49年の干ばつ

災害年月日
1974年01月20日
市町村
高知県須崎市
災害種類
渇水  
概要
昭和49年(1974)1月20日、前年11月20日以来、60余日間の大干ばつ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市史編纂委員会編「須崎市史」(須崎市、1974年)、998頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知572

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、県下一円で大干ばつに見舞われ、旧3月7日以来、8月14日まで150日間降雨がなく、水田の多くが枯死した。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月~8月、35日間に及ぶ干天で、大正2年以来の大干ばつとなった。(「勝浦町前史」、「勝浦町後史」による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)6月22日以来雨がなく、約2ヶ月にわたる大干ばつとなった。 続きを読む

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)7月5日から8月9日にかけて35日間に及ぶ干天で、大正2年(1913)以来の大干ばつと言われる。(長田八百三氏日記、横瀬町史等に... 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月以来、約100日間降雨がなく、各地で雨乞いを行った。50年来の大干ばつという。 続きを読む