昭和19年の干ばつ

災害年月日
1944年00月00日
市町村
高知県中土佐町(大野見村)
災害種類
渇水  
概要
昭和19年(1944)、未曾有と言われた大干ばつにより、槇野々で稲作が不能となり、田5町歩に小豆類が植えられた。
Googleマップ
参考文献
大野見村広報「大野見」編集委員会編「おらが村だよ」(大野見村広報「大野見」編集委員会、1975年)、248頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 槇野々
NO.
高知577

よく似た災害

昭和14年の干ばつ

昭和14年(1939)、香川県地方の降水量は前年11月から平年より少なく、しだいに灌漑水が不足し、稲の植え付け不能地区は1,000ha余となり、植え付... 続きを読む

昭和8年の干ばつ

昭和8年(1933)8月、干ばつ。農作物は40年来の不作で稲作は収穫皆無の田地300町歩に及んだ。 続きを読む

昭和19年の干ばつ

昭和19年(1944)、干ばつ。知事命令で県下各神社に対して雨乞い祈願を通達した。県下の稲作付け不能4,000町歩に及んだ。 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む

寛政11年の干ばつ

寛政11年(1799)、87日間にわたって日照りが続き、大不作となり、祝井村では稲作が皆無となって、隣村から米麦の援助を受けてしのいだと伝えられている... 続きを読む