明治23年の台風

災害年月日
1890年09月11日
市町村
高知県四万十町(窪川町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治23年(1890)9月11日、台風により篠つく豪雨となった。特に四万十川上流の東津野、檮原郷の雨量が多く、沿川では牛馬や住家が流されるなど洪水被害に見舞われた。しかし、夕方、川の水が急に引き始めたため、人々が安心していた時に、再び大音響とともに激流が押し寄せて、米ノ川、越行、柳瀬、西川角、宮内、仕出原、大井町などの集落はほとんど水没し、多数の死傷者を出した。原因は、上流の東津野村倉川地区で山崩れが起こり、土砂が川を堰き止めた後、土砂の崩壊に伴い激流が襲ったためであった。
Googleマップ
備考
仕出原の高岡神社などに明治23年水害の水測標が建てられている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
窪川町史編集委員会編「窪川町史」(窪川町、2005年)、389-393頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 四万十川 洪水 山崩れ 堰き止め
NO.
高知578

よく似た災害

明治23年の風水害

image

明治23年(1890)の風水害時には、台風が去って日が差してきたため家路に急いだが、1、2時間後に大激流が平地の家屋を押し流した。原因は上流の東津野村... 続きを読む

明治23年の台風

image

明治23年(1890)、台風による集中豪雨のため、窪川町で山崩れ、水害が起こったが、やがて四万十川の水は急に引き始め、陽も差してきたため、人々は家路に... 続きを読む

明治19年9月の台風

明治19年(1886)9月10日、17日、24日、台風による大洪水が津野山を襲った。(「高知県災異誌」、「津野山異談続編」等による)/稀に見る台風大洪... 続きを読む

昭和49年の台風8号

image

昭和49年(1974)7月6日、台風8号が梅雨前線を刺激し、夜半から集中豪雨となり、時間雨量92ミリを記録した。河川の氾濫と満潮が重なり、安田地区、苗... 続きを読む

明治25年の高磯山崩壊

image

明治25年(1892)7月25日、台風による豪雨のため、高磯山(標高611m)が崩壊し、流出した約400万立米の土砂は対岸の春森、久米鍛治の集落をのみ... 続きを読む