安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県四万十町(大正町)
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、大地震あり、また5日ぶりに大地震あり、都合7日間揺り続き、その後大雨が降り、方々で大出水となった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大正町誌編纂委員会編「大正町誌」(大正町誌編纂委員会、1970年)、634頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
安政南海地震 大雨 洪水
NO.
高知584

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、M8.4の南海地震が起こった。津波の規模は宝永大地震をやや下回る程度であり、その被害は死者372人(男98人、女276... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後4時過ぎ、大地震が起こり、強烈な震動は約10分間続き、その後津波が来た。津波は3回来たが、2回目が特に大きかった。目... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、南海道沖大震(M8.4)。/11月5日大地震あり、7日7夜はげしき震動おさまらず人々家を出、雨戸を田圃にしいて揺れの鎮... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、6日、前代未聞の地震があり、所々で石垣崩れや作道地割れ等の被害があり、氏神で安全祈祷を行った。(「御用日記」等による)... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後5時、大地震があり、土塀などが倒れた、その後網船などが沖に流され、老人や女子供などは大信寺、一乗寺に避難した。午後8... 続きを読む