明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年05月00日
市町村
高知県四万十町(大正町)
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)5月中旬より大日照りとなり、黍作は枯れ、畑作は皆無となり、野山の草木まで赤くなり、人々はつるいもを植えることができなかった。旧7月7日、8日に大雨、大雷があったので、皆つるいもを植えたが堀取るものはなかった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大正町誌編纂委員会編「大正町誌」(大正町誌編纂委員会、1970年)、635-636頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
高知586

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、前年と同様に大日照りで、諸作物は日焼けとなり、不作となった。黍作は皆無となった。旧8月11日に大風が吹いて、少々残っていた黍作... 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月17日~8月11日までの47日間で時雨れ9日であった。用水に水はなく、植え付けした田も白穂となり、畑作も不作となった。 続きを読む

明治19年の干ばつ

明治19年(1886)6月17日~8月11日までの47日間で時雨れ9日であった。用水に水はなく、植え付けした田も白穂となり、畑作も不作となった。 続きを読む

明治13年の干ばつ

明治13年(1880)7月22日、干ばつのため9ヶ村で祈雨祭。24日に大雨。 続きを読む

大正2年の干ばつ

大正2年(1913)6月上旬から空梅雨となり、南井上村では7月7日までに全村の田植えを完了したが、8月31日に雨が降るまでおよそ70数日、稲田には灌水... 続きを読む