明治26年の干ばつ

災害年月日
1893年00月00日
市町村
高知県三原村
災害種類
渇水  
概要
明治26年(1893)夏、50余日に及ぶ日照りのため、宮ノ川の26人から県に対して種籾料御給与願が出願された。(「宮ノ川区長場文書」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、499-500頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 宮ノ川 種籾料御給与願 宮ノ川区長場文書
NO.
高知613

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)、干ばつにより、宮ノ川の27人から県に対して地租金補助貸与願が出願された。 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)8月20日、暴風雨がひどく、強風で立木は倒し尽くされ、住家の全半壊も多かった。また、降雨も激しく、山崩れも多く発生し、田畑堤防の... 続きを読む

明治17年9月の台風

明治17年(1884)9月17日、暴風雨激浪があった。(「大三島町役場文書」による) 続きを読む

安政6年の干ばつ

安政6年(1859)、宮ノ川村で大干ばつがあり、50日以上に及ぶ日照りのため、にわかに井戸を掘るなどして応急策を講じたが、田方用水の不足は補えず、被害... 続きを読む

明治28年の干ばつ

明治28年(1895)、大干ばつにより、特に宮ノ川、柚ノ木ではにわかに幾十箇所もの新井戸を掘り、浅い所では「スッポン」と称する揚水機を、また深い井戸に... 続きを読む