明治28年の干ばつ

災害年月日
1895年00月00日
市町村
高知県三原村
災害種類
渇水  
概要
明治28年(1895)、大干ばつにより、特に宮ノ川、柚ノ木ではにわかに幾十箇所もの新井戸を掘り、浅い所では「スッポン」と称する揚水機を、また深い井戸には釣瓶を仕掛けて日夜汲み水を続けた。その結果、稲の結実は良好で、比較的多量の収穫をあげることができた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
三原村史編纂委員会編「三原村史」(三原村教育委員会、1971年)、522頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 井戸掘り スッポン
NO.
高知617

よく似た災害

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)夏、大干ばつに見舞われ、竹やぶまで枯死するという惨状となった。水の出そうな場所は手当たり次第に井戸を掘り、一滴の水も惜しみながら... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)5月以降から降雨量が非常に少なく、県下では稲の植付不能1,000町歩、遅延10,000町歩以上となった。8月末まで夏型天候が続き、... 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)7月~8月、干ばつが続き、方々の川底に井戸が掘られ、その水を田に灌水したと伝えられている。(「明治村誌」等による) 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)2月、3月頃から旱害が続き、県下の河川や沼地は次第に減水し、5月には農業用水も絶えてしまった。その後、田植え時期の6月に入っても雨... 続きを読む