大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
高知県大月町
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日の台風により、大月町では竜ヶ迫18名、弘見1名の合計19名の死者を出した。竜ヶ迫で多数の犠牲が出たのは、真夜中に山崩れの直撃による家屋倒壊が原因と推察されるが、戸数75戸、人口400余人の小集落にとって、死者18名、倒壊流失大破の棟数20余戸というのは惨状の極みである。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大月町史編纂委員会編「大月町史」(大月町、1995年)、1332-1334頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山崩れ 死者
NO.
高知623

よく似た災害

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、台風が足摺岬に上陸した後、幡多郡西部を通過した。被害は県下1市7郡で死者187人、家の全半壊2,484戸、その他土木、... 続きを読む

大正元年の台風

大正元年(1912)9月22日~23日、台風により、安芸郡が最も被害を受けた。この時の風速25m/秒、雨量は394ミリとなった。安芸町以東の小学校は全... 続きを読む

大正12年の山崎の大火

大正12年(1923)3月、山崎神社付近の農家7戸が延焼した。汽車の火の粉が原因であった。この時、焼けていない家を壊して類焼を防ぐ「破壊消防」が行われ... 続きを読む

大正12年の山崎の大火

大正12年(1923)3月、山崎神社付近の農家7戸が延焼した。汽車の火の粉が原因であった。この時、焼けていない家を壊して類焼を防ぐ「破壊消防」が行われ... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、M8.5の地震により、伊豆半島から九州沿岸まで津波被害。高知種崎700余人、宇佐400余人、福島100人、久礼200余... 続きを読む