安政元年の地震

災害年月日
1854年12月23日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時間後の5日午後4時頃、同じ規模の地震(安政南海地震)が紀伊半島沖で発生し、大津波が房総半島から九州東岸にわたり多くの被害をもたらした。「嘉永甲寅年大地震筆記(徳永達助記録)」によると、須崎における津波被害は、家屋流失550戸、浸水151戸、全壊95戸、半壊401戸、死者50人等に及んだ。(本書所収の村上仁士「須崎の地震津波」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
須崎市編「南海・チリー地震津波録 海からの警告」(須崎市、1995年)、108-110頁及び117-119頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
安政地震 津波 嘉永甲寅年大地震筆記(徳永達助記録) 死者
NO.
高知634

よく似た災害

安政元年の地震

image

嘉永7年(1854)11月4日午前8時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震(安政東海地震)が起こり、大津波が房総半島から高知沿岸を襲った。その32時... 続きを読む

安政元年の地震

嘉永7年(1854)11月4日午前9時頃、遠州灘を震源とするM8.4の大地震が起こり、大津波が房総から高知沿岸に襲来した。この地震から32時間後の5日... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日、静岡県御前崎沖約70kmでM8.4の地震が発生し、津波が房総半島から土佐湾にかけて発生し、潰滅・焼失家屋は約3万戸、死... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、地震。津波が房総~九州沿岸を襲う。大洲、吉田で壊家。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日大地震津波があり、地震16ヶ国、津波14ヶ国に及び、翌5日大地震は30余国に及んだが、宝永の地震の経験から被害は少なくて... 続きを読む