享保8年の水争い

災害年月日
1723年00月00日
市町村
高知県香南市(野市町)
災害種類
渇水  
概要
享保8年(1723)5月5日、下井堰の農民が中井堰を切り取り、主謀者が検挙される事件が起こった。下井堰は中井堰の下流に建設された堰で、もともと水がかりが悪く、そのため中井末端の余り水を下井が受け取る仕組みであったため、下井堰側と中井堰側には水の配分をめぐって利害対立があった。
Googleマップ
参考文献
横川末吉「土佐藩における水争いの一例-香我美郡野市村井役人中島氏『山田・野市関井筋古今雑記』の紹介-」(土佐史談会編「土佐史談 第105号」土佐史談会、1963年、所収)、10-16頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水争い 物部川 下井堰 中井堰
NO.
高知652

よく似た災害

正徳2年の干ばつ

正徳2年(1712)、旱天のため、下井堰の農民から中井堰の配分について問題が提起されたが、「先規」に基づき普請奉行により下井側の要求は拒否された。下井... 続きを読む

大正2年の水争い

大正2年(1913)8月、高井堰の用水が不足し、水田に亀裂をきたす状態になったのを見かねて、藤ヶ井堰の余裕水を供給しようとした。しかし、藤ヶ井堰からの... 続きを読む

明治27年の水争い

明治27年(1894)、大干ばつのため、7月19日午前1時頃、竹原堰の下流にある大井手堰の組合員千人余が舟路の浚渫という名目で、竹原堰を縦断して400... 続きを読む

大正元年の水争い

image

大正元年(1912)、菖蒲上井堰紛争。(「川内町新誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

治承4年の水争い

治承4年(1180)夏、池田庄の名主公文源次と肥土庄の神人花安男との間で、梳原(肥土山石原)で用水のことで論争が起き、それが原因で花安男が殺された。こ... 続きを読む