安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県須崎市
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、大地震が起こり、津波が押し寄せてきた。この時には、宝永地震の教訓を生かして避難したので、宝永地震の時ほど溺死者は出なかった。しかし、誤った言い伝えを信じて船で沖に逃げた30余人は命を落とした。(宝永津浪溺死之塚の碑文による)
Googleマップ
備考
須崎市に宝永津浪溺死之塚が建立されている。
参考画像
参考文献
市川豊八「宝永津浪溺死之塚」(土佐史談会「土佐史談第188号」、1992年)、194-197頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 津波 死者 宝永津浪溺死之塚
NO.
高知656

よく似た災害

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、大地震が起こり、津波が押し寄せてきた。この時には、宝永地震の教訓を生かして避難したので、宝永地震の時ほど溺死者は出なか... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海大地震が発生した。高知県全域の震度は宝永地震と同じ震度6の烈震と推定されている。被害の総計は流家3,818軒、全壊... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日七つ時(午後4時頃)、大地震が起こり、しばらくして大津波があった。この時は、宝永地震の津波に懲り、地震が始まると同時に、... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)、南海地震が発生した。この研究では、徳島県沿岸部の歴史資料(書籍、地方誌、石碑)から、安政南海地震(1854年)及び昭和南海地震(... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後5時頃、大地震が起こった。高知市の被害は死者370余人、人家の倒壊・焼失22,000余戸であり、中村町でも家屋の全壊... 続きを読む