安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、室戸岬沖を震源とするM8.4の南海地震が起こり、大規模な津波が発生した。土佐の津波は久礼で16m、種崎で11mと波高が異常に高かった。土佐藩主から幕府への報告では、流失家屋3,182軒となっており、三災録によれば、高知市では「津波打入ると呼ぶ間もなく、震動の音して潮高倉になりて溢れ来ると見れば、一円海となる」と記されている。桂浜は一軒残らず流失した模様である。なお、この安政南海地震が起こる32時間前には安政東海地震が起こっていた。
Googleマップ
参考文献
鈴木堯士「宝永・安政・昭和の南海大地震と土佐」(土佐史談会「土佐史談第224号」、2003年)、2頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 津波
NO.
高知660

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、室戸岬沖を震源とするM8.4の南海地震が起こり、大規模な津波が発生した。土佐の津波は久礼で16m、種崎で11mと波高が... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑(土佐... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、南海地震が起き、津波が襲来した。この論文では、安政南海地震・津波に関する碑として、宇佐町萩谷の「南無阿弥陀仏」碑が紹介... 続きを読む