昭和36年の第二室戸台風

災害年月日
1961年09月15日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和36年(1961)9月15日、第二室戸台風により、豪雨が主に仁淀川と四万十川の上流域に集中し、日雨量が300ミリを超え、16日正午前後には警戒水位を突破する河川も出た。台風が上陸した室戸岬地方では、暴風は西海岸で最も強く、16日9時頃、室戸岬測候所では最大風速66.2m、11時47分には瞬間最大風速84.5mを記録した。県下の被害は死者2人、負傷者78人、家屋の全壊93棟、半壊160棟、流失52棟、床上浸水252棟、田畑の流失384ha、道路106箇所、堤防46箇所、がけ崩れ45箇所等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
高知県土木史編纂委員会編「高知県土木史」(高知県建設業協会、1998年)、483-484頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
第二室戸台風 死者 室戸岬測候所 崖崩れ
NO.
高知694

よく似た災害

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が室戸岬に上陸し、海岸沿いに北東進した。仁淀川では大洪水となった。雨量は長者で734ミリ、池川で665ミ... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、第二室戸台風が来襲した。室戸岬測候所は午前11時47分、瞬間最大風速84.5mを記録した。岬一帯の山は潮風による塩害... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日に襲来した第二室戸台風は、高松気象台開設以来最高の瞬間最大風速38.5mを記録し、雨量は高松で161.7ミリであった。... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日、台風18号(第二室戸台風)が室戸岬に上陸し、徳島県南岸沿いに紀伊水道を北上した。吉野川流域では14日から16日にかけ... 続きを読む

昭和36年の第二室戸台風

昭和36年(1961)9月16日未明から、第二室戸台風により、鳴門市では豪雨を伴った平均風速30m以上の南東風が吹き荒れ、午前10時には最大瞬間風速5... 続きを読む