昭和38年の台風9号

災害年月日
1963年08月06日
市町村
高知県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和38年(1963)8月6日頃から、台風9号は時速10kmの速度で九州、四国に向けて北上してきたため、本県では暴風雨時間が長く、県西部と中部が豪雨に見舞われた。特に西部山岳地帯では1,000ミリを超え、渡川流域では昭和10年以来の大洪水となった。このため、各地で山崩れが起こり、東津野村では一家3人が、また大豊町では5人が死亡、行方不明になるなど県下で死者15人、行方不明4人、負傷者21人の被害が出た。このほか、県下の被害は家屋の全壊64棟、半壊154棟、床上浸水5,610棟等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
高知県土木史編纂委員会編「高知県土木史」(高知県建設業協会、1998年)、484-485頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 豪雨 洪水 山崩れ 死者
NO.
高知695

よく似た災害

明治42年の台風

明治42年(1909)8月、暴風雨により、高知県南西部沿岸にサンゴ漁に出ていた漁船が遭難漂流し、郡内漁民15人が死亡、53人が行方不明というこの地方最... 続きを読む

文禄5年の地震

文禄5年(1596)、大地震が発生した。京畿、四国、九州の被害が甚大であり、伏見城では573人が死亡、境の町では600人が死亡したと伝えられている。壬... 続きを読む

昭和47年7月の豪雨

image

昭和47年(1972)7月5日、南国市の北部地区で豪雨となった。土佐山田町繁藤では、一日741ミリ、一時間最大100ミリ近くの豪雨に見舞われ、行方不明... 続きを読む

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日午後1時、台風23号が土佐清水市付近に上陸し、県西部から中西部の沿岸部を進んだ後、安芸市付近に再上陸し、その後大阪府... 続きを読む

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号が宿毛市付近に上陸し、北上したため、中西部に雨量が多かった。県下の被害は死者・行方不明77人、建物破壊1,8... 続きを読む