慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県室戸市
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、東海、南海、西海の諸道で大地震と大津波があり、死者5,000人になったという。佐喜浜では10丈(約30m)もある大波が7度引き、男女54人がさらわれた。(「高知県災害異誌」による)
Googleマップ
参考文献
高知県警察史編さん委員会編「高知県警察史 昭和編」(高知県警察本部、1979年)、1055頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
慶長地震 津波 死者 佐喜浜 高知県災害異誌
NO.
高知698

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震(M7.9)。土佐東部に津浪、佐喜浜へ10丈もある大波7度、さらわれた男女54人。 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震により、死者800人余。(「皆山集」、「高知県災害異誌」による) 続きを読む

慶長11年の風雨・高潮

慶長11年(1606)9月1日、風雨、高潮。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こり、その夜半津波が起こった。甲浦では死者350余人、野根には潮が入らなかった。佐喜浜では死者50余人、岬... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震、津波が起こり、佐喜浜村で50人、西寺、東寺(津呂、室津方面)で400人、甲浦で350余人、阿波宍喰で3,806... 続きを読む