安政元年の地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
安政元年(1854)11月5日、南海道沖大震。地震、大津波で被害甚だし。土佐、紀伊、阿波などで死者3,000人。土佐湾沿いの赤岡以西はすべて災害を被る。
Googleマップ
備考
原資料では月日を西暦(グレゴリオ暦)で表記しているが、和暦で表記した。
参考文献
高知新聞社編「'98高知大水害の記録 豪雨パニック」(高知新聞社、1998年)、頁なし
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
安政南海地震 津波 死者
NO.
高知726

よく似た災害

昭和12年の台風

昭和12年(1937)9月11日、台風が土佐湾沿いを北東進した。死者10人、負傷者16人、家全半壊306棟。 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の地震

安政元年(1854)11月4日朝5ツ時(8時)、地震があり、鈴波が来た。鈴波は津波のさきがけで、油断してはならないと言い伝えられている。翌5日夕方7ツ... 続きを読む

安政元年の南海地震による土砂災害

安政元年(1854)11月5日、南海地震(M8.4)により、土佐町の宮古野集落の裏山崩壊、地蔵寺川沿いの崩壊・落石が発生した。 続きを読む

安政元年の地震

image

安政元年(1854)11月4日~5日、地震により土佐領内で死者372人、負傷者180人、家屋の全壊3,082棟、流失3,202棟、焼失2,481棟。(... 続きを読む