天武13年の地震

災害年月日
0684年10月00日
市町村
高知県中土佐町
災害種類
地震・津波  
概要
天武13年(684)10月、白鳳南海大地震。日本書紀によると、土佐の国の田畑が12平方km海中に没したとある。
Googleマップ
備考
原資料では西暦の月で表記しているが、和暦で表記した。
参考文献
写真集「中土佐の今昔」編集委員会編「写真集 中土佐の今昔」(中土佐町教育委員会、1980年)、136頁
情報源の種類
写真集
キーワード
白鳳地震 日本書紀
NO.
高知730

よく似た災害

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、天下大いに地震して、四国の地にとりても土佐の国の田地50余万頃が海中に没し、道後温泉も泉脈塞がり出ざること久しく、そ... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震により、高知では約12平方kmの地盤沈下が起こり、田畑が海中に没した。また、この時の津波により、貢物を... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震により、高知では約12平方kmの地盤沈下が起こり、田畑が海中に没した。また、この時の津波により、貢物を... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、土佐を中心とした大地震で、田地50余万代(1,147町歩)が海中に没したと言われている、幡多郡の陸続きの黒田郡が海底... 続きを読む

天武13年の地震

天武13年(684)10月14日、南海道沖大震により、建物の破壊、人畜の死傷多く、土佐の田畑12平方km海となる。津波あり。 続きを読む