昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  火災  
概要
昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害は甚大で、死者670人、負傷者1,652人、家屋倒壊4,823戸、全半壊9,292戸、家屋流出566戸、浸水5,554戸、焼失196戸、田畑浸水2,426町歩、船舶流出798隻に及んだ。県内で最も被害が大きかったのは中村町で、全家屋の8割は損害を受け、死者は273人に及んだ。この地震で室戸岬で1.27m、潮岬で0.7m、足摺岬で0.6m隆起し、高知、須崎では1.2m沈降した。
Googleマップ
参考文献
室戸岬測候所編「室戸と地震」(室戸岬測候所、1980年)、27-29頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 火災 地盤隆起・地盤沈下
NO.
高知745

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖でM8.1の地震が発生し、津波が襲来した。被害は中部日本以西の全県下にわたったが、特に県下の被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、地震が発生した。地震動と津波による被害は県下全域に及んだ。足摺岬では0.6m、室戸岬では1.27m地... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、南海道沖でM8.1の大地震が発生した。愛媛県の被害は県下一円に及んだが、特に周桑郡の壬生川町・国安村... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分、南海道沖大地震が起こり、その後津波が来襲した。室戸・足摺岬では地盤が隆起し、その他では地盤が沈下した。被... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.0の地震・津波により、人的被害は高知で680人、徳島で210余人に及んだ。徳島県の流死者は浅川で85人、牟岐... 続きを読む