文化5年の地震

災害年月日
1809年01月19日
市町村
高知県東洋町
災害種類
地震・津波  
概要
文化5年(1808)12月4日、紀伊半島沖でM7.6の地震、東洋町で震度3、津波高1mと推定。
Googleマップ
参考文献
原田英祐編「東洋町歴史年表 改訂版」(原田英祐、2008年)、42頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
地震 津波
NO.
高知754

よく似た災害

平成9年の地震

平成9年(1997)4月3日、南予地方を震源とする地震が発生し、宇和島市住吉町で震度4、八幡浜市広瀬で震度3を記録。 続きを読む

平成26年の伊予灘地震

平成26年(2014)3月14日、伊予灘の地震により、西予市明浜町・三瓶町で震度5強、宇和町・野村町・城川町で震度4。三瓶町で住宅の一部破損及び道路損... 続きを読む

昭和43年の地震

昭和43年(1968)8月6日、地震により、大洲・宇和島で震度5、松山で震度4。家屋の亀裂が多数にのぼった。中山町でも被害があったと思われる。 続きを読む

明治42年の地震

明治42年(1909)6月10日、紀伊水道地震、徳島で震度4。(「徳島県災異誌」等による) 続きを読む

康安元年/正平16年の地震

康安元年/正平16年(1361)6月24日、M8.4の地震が発生し、大和、阿波、山城で震度大きく、土佐は津波の被害が大きかった。 続きを読む