仁和3年の地震

災害年月日
0887年08月22日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津波によって被害があったと考えられるが、高知県に関する記録は何も残っていない。
Googleマップ
参考文献
間城龍男著「南海地震津波-土佐-」(土佐津波の会、1983年)、17-18頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
仁和地震 津波
NO.
高知766

よく似た災害

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日16時頃、京都をはじめ五畿七道の諸国で大地震があり、津波は摂津の国で最も甚だしかったと記録されている。高知県でも大地震・津... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、紀伊半島沖を震源とするM8.6の巨大な地震が起こった。大津波が四国、紀伊半島及び大阪湾一帯を襲い、溺死者が多く、中でも大阪が最も大... 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)、地震。仁和の大地震と呼ばれ、白鳳の大地震に劣らない激震だったと伝えられている。 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、南海道沖大地震、津波あり死傷多し。(「高知県災害異誌」による) 続きを読む

仁和3年の地震

仁和3年(887)7月30日、紀伊半島沖を震源とするM8.6の大地震により、京都で官庁、寺院が多数倒壊し、多くの圧死者を出した。また、大津波が四国、紀... 続きを読む